検索
  • kminamikawa

セルフコンパッション 自分自身が自分自身の良い伴走者になる




「セルフコンパッション」という言葉が最近の心理の流行でもあります。

セルフコンパッションとは、簡単に言うと「自分に対して思いやりの気持ちを向ける」ことです。

北京オリンピックで毎日熱戦が繰り広げられていますが、

みなさんは、何か大切な仕事やイベント(試験や試合など)で、すごく悔しく辛い思いをした時

自分にどんな言葉をかけますか?

「自分は本当にダメなやつだ!」

「いっつも自分は大事なところでミスをするんだから」

「ま、いっか。どうせやっても自分にはできないんだし」

「ミスをしてしまって悔しい。でも次の機会に自分なら挽回できる!」

この中では、一番最後の言葉がセルフコンパッションに当たるでしょうか。

つまり、「気持ちの共感、承認 + サポートする(思いやりのある)言葉」

です。

一方には、心の中の意地悪な声(批判者)というのがいる人もいます。

あるいは、自分に思いやりの気持ちを向けようとすると、

何か、そうしてはいけないんじゃないか、という抵抗感を感じる人もいます。

「自分には(優しくされる)その価値がない」

「自分には厳しくするべきだ!(でも他人には優しくしなければいけない!)」

「自分に優しくするなんて甘えだ!」

それでは、ちょっと一緒に考えてみましょう。

これから1年間、非常にハードなプロジェクトが始まります。休みもほとんど取れないかもしれません。上司(先生や親)からの期待も非常に大きいものです。

一緒に組むパートナーが決まりました。1年間、そのパートナーとずっと仕事をしなければいけません。


自分が1年間そばにいて欲しいパートナーはどちらでしょう?

1年後、「良いプロジェクトだった!」と最後までやり切れるパートナーはどんな人でしょうか?

Aさんは、よくこんな風にいます。

「黙れ!弱音ばっかり吐いてるなよ!メソメソしてもあかんねん!グチなんかこぼしてないで、さっさとやるんだ」

Bさんは、よくこんな風にいます。

「このプロジェクト、本当に大変だな。やってられへんで。でも、ま、一緒にやり遂げようや。おれ(私)がいつもそばにいるやん。」

皆さんは、どっちのパートナーと1年過ごしたいですか?

そして、どちらのチームが本当に、1年後の仕事を勝ち取れるでしょうか?

1年だったら厳しい言葉を言ってくれる人の方が良い?

では、この先、「一生」だったらどうですか??

頑張れるかもしれないし、頑張るべきって頭は言うかもしれませんね。

でも、身体の声を聞いてみて下さい。

一生、励まされ、叱咤激励され続けられたら、心がしんどくて、頑張ることが続けられませんね。


さぁ、それでは、皆さんは、自分自身のどんなパートナーですか?


一生、付き合わなければいけない自分。

常にそばにいる自分自身の伴走者(一緒にそばにいてくれる存在)として

自分に必要な言葉はなんでしょうか。

「他の人には優しさ、セルフコンパッションを向けられても、自分には向けられない」

と言う声をカウンセリングではよく聞きます。

自分に優しくしたり、自分を大切にしよう、と思うのに、

どうしてもそうできない(そうしてはいけない気がする)。

数ヶ月、数年は、自分に厳しい言葉をかけ続けて頑張ってこれた。

でも、それがひと段落してしまったら(あるいはある朝突然)、そこからやる気が全く出なくなり、朝起きられなくなった、ずっと倦怠感が続いている


そのような方もいらっしゃるかもしれません。

セルフコンパッションが向けられず、辛い思いをされていらっしゃる方、

もしかしたら、芦屋カウンセリングルーム Root でお手伝いできるかもしれません。

元気になるために、自分の良いパートナーを作りませんか?


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示