芦屋カウンセリングルーム Rootで行っている主な心理療法

01.

EMDR

EMDRとは、Eye Movement  Desensitization and Reprocessingの略で、

日本語では「眼球運動による脱感作と再処理法」と言います。

何だか難しい言葉ですが、WHOやアメリカ心理学会なども認めたトラウマの治療に実証された、

最も効果のある心理療法とされています。

トラウマ(心の傷)となっているような映像や音、感情や身体の感覚に焦点を当てながら、

眼球運動(目を左右に動かす)やタッピング(左右交互に軽い刺激をする)を行います。

あの時の「怖い感じ」や「いやな感じ」が和らいでいくのを感じながら、それまでの否定的な自己評価(例「私はダメ」「私は死んでしまう」「私は無力」など)が肯定的なもの(例「私は私で大丈夫」「私は今は安全」「私は自分で選択することができる」)に変化していくのも感じていただけるよう

お手伝いします。

EMDRでは「適応的情報処理モデル」と言って、簡単に言うと、

人間の脳(情報処理)には、身体と同じように自然に健康的な方向に向かうという考え方があります。

私たち人間(動物)は、本当に不思議な強い力を持っていて、

EMDRによって、それが引き出されていくケースを私も見てきました。

自分には、そんな力なんてあるはずもない、と思っている方もいらっしゃるかも知れませんね。

ご安心ください。それを一緒に見つけていったり、育てていくお手伝いもしますよ。

怖い体験に向かい合うのは今は無理かも・・・と心配されている場合もあると思いますし、

EMDRを行うには、いくつか注意点もありますので、一緒に相談しながら進めていきます。

「嫌だな」「怖いな」と感じていることを素直にお伝えいただくことが、とても大切なことです。

​無理せずあなたのペースで一緒に歩んでいきますよ。

02.

ホログラフィートーク

ホログラフィートークは、嶺輝子先生によって考案された

「トラウマを処理し、クライエントさんの回復を援助する心理療法」です。

軽い催眠下で、自分自身の中にある感情や身体症状の意味を読み取りながら解決し、

自らを癒やすプロセスを行います。

今、抱えていらっしゃる問題の起源となっている原因を探り、問題の解決を図って、

クライエントさんが安定し、ご自身のリソース(自分の強みや頑張る力のもとのようなもの)を

獲得できるよう、私たちカウンセラーがお手伝いします。

トラウマ記憶を扱うのは、とっても怖かったり、抵抗したい気持ちが出て当然です。

より安全で効果的にセラピーできるよう、構築されています。

トラウマ(心の傷)が癒やされるのと同時に、本来得るべき物だった「健全な」人との関わりによって得る考え方や感覚(例「自分は、生まれてきて良かったんだ」「私は大事にされて良い存在」)を作り上げながら、潜在能力を開花したり、問題解決を図ります。

​イメージしやすい方にもオススメの技法です。

03.

TFT(思考場療法

TFTは、Thought Field Therapyの略で、日本語では「思考場療法」と訳されています。

思考場というのは、「思考することによってアクセスできる場」とも言われ、

心理的な苦痛や身体的な痛みについて考えている状態で、

鍼のツボを指でタッピング(軽く刺激する)します。

とてもシンプルな手順ですが

「気持ちが楽になった」「心に刺さっていたトゲが抜けた感じ」「痛みがなくなった」

などという効果をもたらせてくれる心理療法です。

​セルフケア技法にも使っていただけます。

04.

その他にも

EMDRから派生した、フラッシュテクニック(The Frash Technique)やブレインスポッティング(BSP:Brain Spotting)、また自我状態療法などもクライエントさんの状態に合わせて使います。

「​自分にどれが合うか分からない」と不安になった方もいらっしゃるかもしれませんが、

一緒にご相談しながら進めていきいますので、安心して下さい。

 

安心して通ってきてもらえるように、まずはじっくりとお話をうかがうことから始めますよ。

みなさまに安全にカウンセリングができるよう、もちろん質問はしますが、

過去に起こった、言いたくない出来事は無理に話していただかなくて大丈夫です。

 

(お話されたかったら、もちろんお話して下さいね)

​無理のないペースで一緒に進めていきましょう♪